プリンタの故障

最近機械の機嫌が悪いです。今日はプリンタが壊れました。

これです。EPSONのPX-105。

単機能のプリンターですが、価格も比較的安価(昨年2月購入時6,800円※税抜)で、インクのコストは普通、印字品質も特に良くも無く悪くも無く、写真印刷にはあまり向きませんが文書印刷は不満の無いプリンターでした。

グロースシステムズでは、商品出荷の際、ヤマト運輸のB2を利用しています。
B2のインクジェット用紙は、昔多かった左寄せタイプのプリンタにしか対応していない(中寄せでもできる方法はあります。)ため、このプリンターはとても使いやすいものでした。

ところが、今日もナベシャツ出荷のために伝票を印刷したところ、必要以上に紙が送られて印刷されず、「用紙がないか用紙が詰まっています」というエラーが。

何回かリセットボタンを押したり、傾けてみたり軽くたたいたり、いろいろやっていると、たまに印刷できるので、おそらく紙検知センサーあたりが怪しいと踏んでいます。

自分で直せるのかは不明ですが、壊れない範囲で挑戦するか、潔くエプソンサービスに連絡するか、買いなおすか難しい選択です。
もしかすると修理するより買ったほうが安いかもしれない不思議。

リサイクルインクなどで、インクがつまりヘッドが死ぬような話はよく聞くので、保証期間の間は純正インクを使っており、現状では純正インク以外使った事が無いので、修理を断られる事は無いでしょうが、あまり高いようだったら買い換えようと思います。(6千円強で買える為)

まずはサービスに電話してみて、その後決めようと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ランキングに参加しています!(応援クリックお願いします!)

にほんブログ村 企業ブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA